日本の神様辞典-やおよろず「奴奈川姫」 イラスト

沼河比売とも。読みは「ヌナカワヒメ」。

『日本書紀』にはその名は出てこず、『古事記』の「大国主の妻問い」で登場する女神。

高志国(越国=福井県敦賀市から山形県庄内地方の一部地域)に住む女神で、出雲の大国主が妻に迎えようと求婚しに訪れ、家の外で恋の歌を詠み、姫はそれに応じる歌を返し、翌日に二人は結ばれました。

新潟県糸魚川市などで伝説が多く残っています。
糸魚川終焉は古代、ヒスイの産地として栄えていました。

奴奈川姫の子供は、『先代旧事本紀』などでは建御名方(タケミナカタ)、『出雲国風土記』では御穂須須美(ミホススミ)とされています。

建御名方(タケミナカタ)は「大国主の国譲り」で天つ神に反抗し力比べをするも敗れ、諏訪に逃れた神です。

父は俾都久辰為(ヘツクシイ)、祖父は意支都久辰為(オキツクシイ)で、その意味は「海辺・港の神(奇霊)」、「沖の神(奇霊)」と解釈できます。
御穂須須美(ミホススミ)の意味は、ミ・ホは尊称で、ススミは狼煙(戦ではなく灯台の役割)の意とも。

意支都久辰為(オキツクシイ)から御穂須須美(ミホススミ)までの血脈は、出雲から日本海を渡り、能登を経由して姫川港あたりから糸魚川に下る、出雲・越のヒスイの交易ルートを象徴したものでないか、という説もあります。

イラストは、「大国主の妻問い」の場面を描きました。
扉(御簾)越しに二人が恋の歌を詠み交わしている様子です。

奴奈川姫の姿を描くのにあたり、森浩一・編『シンポジウム 古代翡翠道の謎』(新人物往来社)を読みました。
本著曰く、古事記では対比表現が多く、「大国主の妻問い」は「ヤマタノオロチ退治」の対比なのだとか。
「ヤマタノオロチが越から出雲に攻めてくる」と「大国主が出雲から越にやってくる」という対比、「殺しにやってくる」と「恋をしにやってくる」という対比です。

そのことから、「大国主の時代では越は出雲より文明が遅れていた」と想像し、遮光式土偶を参考にした縄文らしさを残した服装にしました。

また、上記の意支都久辰為(オキツクシイ)からの血脈で、海との関わりも深いことから、貝製の首輪と耳飾りをつけ、伝承が多く残る糸魚川周辺はヒスイの産地であることから、ヒスイのアクセサリーをたくさん身につけさせてみました。

構図は、上村松園『円窓美人』をインスパイアしました。